在籍女性の評価も大事

デリヘル店に限らず、どこの風俗店でもお客様の評価というものがあります。
その評価は、1人が悪い評価をすればその先には10倍以上の人が悪い評価をしていると思ってまず間違いないと思われます。
ですが、最終的にそのお店が良かったと思うお客様がいるのでしたらまた利用されるということでもあるのです。
たとえば、お店の対応がイマイチでも、女性が良かったらまたその女性は指名してもらえます。
容姿が可愛い、容姿がタイプ、サービスが良かった、性格が良かったなどなど、リピートする理由は様々ですが何かで気に入ってもらうことができればほとんどの確立でリピートされるでしょう。
そして、それにプラスお店自体に満足してもらえる形が一番の理想系でもあるのです。

逆に、実際に接客した女性がイマイチでも、お店の対応が良くてパネマジも許容範囲のお店だと思われれば、そのお店が信頼されてまた別の女性で利用してもらえるチャンスがあります。それが友達、職場の仲間、風俗仲間などに口コミをして繋がる可能性も大きいのです。
良いものや良いお店を友人に紹介したくなるのは誰でも一緒であり、そんなお店に在籍しているとやはり稼ぎが安定してくるものなのです。
そして、お店をまた利用して、仮にその女性に飽きたとしても自分に回ってくるかもしれないという期待も少なからずあります。
デリヘルを利用するお客様が、1人の女性をリピートする回数の上限は大体が3~4回くらいでしょう。
もちろん例外もたくさんありますが、業界全体で見れば大体がこれぐらいの数字でもあるのです。
1人の女性に飽きたとしてもお店が信頼されていれば、またそのお店を利用し、それが在籍している他の女性の稼ぎに繋がってくるはずです。

しかし、お店に在籍する女性たちが酷いサービスばかりしていると、そのお客様はもうそのお店を利用してくれなくなります。想像すれば誰でも分かることですが、案外見落としがちな部分でもあり、実際は今の風俗業界というのはそんなお店ばかりなのです。
自分だけは頑張ってお客様に誠心誠意サービスをしていても、周りの女性が地雷接客する女性ばかりならその努力は何の意味もないということです。
そうでないお店に在籍していたらと仮定すれば、やはり稼ぎにはかなりの差が出てくるのです。
こればかりは見定めるのは難しいかもしれませんが、インターネットなどの口コミも利用して、働くお店の評価というものもチェックしてから決めたほうがいいかもしれません。